信用情報機関と長期延滞の問題

消費者金融から借り入れをしたいが審査に通るか不安です。というのもキャッシング会社各社は明確で具体的な審査基準を発表していませんから。今回は具体的にどのような審査基準になっているか調査してみました。キャッシングやカードローン審査がどういうふうに進められるか。どんな人物が審査に通りやすいか。また審査に落ちてしまう人の共通の特徴は何か?これらについて1日がかりで調査しました。

借金をする、つまり消費者金融やカードローン審査では、消費者金融会社、ローン会社は必ず申込み者の信用情報をチェックします。

申込み者の信用情報は信用情報機関が管理しています。ですから業者はそれら信用情報機関から信用情報を照することになります。

この信用情報機関を通じて業者が得られる情報は、個人情報(氏名・生年月日・性別・住所・電話番号・勤務先名など)、各種ローンやカード(クレカ含む)利用の契約状況や支払状況、返済不履行といった事故情報です。

これにより、申込み者が他社で借りている金額、返済状況(遅延のありなし)、金融事故情報です。では、審査に落ちるときはこれらの情報がどうなっている時に落ちるのでしょうか?一度でも返済遅延があると落ちるのでしょうか?あるいは職業で落ちてしまうことがあるのでしょうか。

やはり一番重要視されるのが過去の金融事故です。つまり長期間に渡る延滞、返済不能、あるいは自己破産です。
ここで言う「長期間にわたる延滞」つまり長期延滞は、金融業者への返済がが2~3ヶ月以上滞っている状態のことです。この長期延滞情報が一度信用情報機関に登録されると1年から5年は消えないと言われていますので要注意です。

ただし、金融機関によってはその債務不履行問題(事故)が解消されていれば審査を続けてくれます。